全国相互利用できる交通系ICカード一覧

交通系ICカード

2013年3月23日から、全国にある交通系ICカードの中で10種類が相互利用できるようになりました。1枚のカードで全国のエリアの鉄道やバスが利用できるのは、かなり便利です。

全国相互利用できる交通系ICカードの情報を一覧にしてまとめてみました。

全国相互利用サービス対象の交通系ICカード

5つのJRグループと、主要都市の私鉄の交通系ICカード10種類が、全国相互利用サービスの対象になっています。
JR四国はまだ独自の交通系ICカードがないので、リストに入っていません。一部ではICOCAなど交通系ICカードが利用できる駅もあります。

相互利用で可能なこと

  • 電車、バスの利用
  • 自動券売機などでのチャージ(入金)
  • カード利用履歴の確認と印字
  • カードを使った切符の購入
  • 電子マネーを使ったショッピング

ただし電車、バスは各エリア間をまたがっての利用はできません。
チャージ残高を使うか、現金で切符を買う必要があります。一部の相互直通区間では、またがって利用できます(例:首都圏のSuicaエリアとPASMOエリア。九州のSUGOCAエリアと、はやかけんエリア)。

PiTaPaの電子マネーは使えない!?

交通系ICカードは電子マネーとして、電車やバス以外の店舗でも利用できます。
しかしながら、PiTaPaだけはお金を後から支払うクレジットカード方式なので、他の交通系ICカード(前払い、プリペイドカード方式)と仕様が異なります。

その為、PiTaPaのみ利用できる店舗では、他の交通系ICカードを使った支払いができません。その逆も同じで、Suica、ICOCAなどで支払いができる店舗でPiTaPaは使えません。PiTaPaエリア外での利用の際は注意が必要です。

こちらの記事もおすすめです

カテゴリ:相互利用