SAPICA

SAPICA(サピカ)

SAPICA(サピカ)は、北海道の札幌を中心とした地下鉄、バス、市電で利用できる交通系ICカードです。また電子マネーとして、対象の店舗や自動販売機などでも利用できます。

JR北海道バス、じょうてつ、北海道中央バスの3社が共同して設立した札幌ICカード協議会が事業主体で、札幌総合情報センター株式会社がSAPICAを発行しています。

SAPICA利用エリア

札幌圏の地下鉄、バス、市電で利用できます。
一部の路線ではSAPICAが利用できないので、切符を買う必要があります。

  • 札幌市営地下鉄(南北線、東西線、東豊線)
  • 北海道中央バス(札幌市内・近郊の路線、一部の高速バス)
  • ジェイ・アール北海道バス(札幌市内・札幌市を含む近郊路線)
  • じょうてつバス
  • 札幌市電

Kitaca、Suicaエリアでは利用できない!

SAPICAは「交通系ICカード全国相互利用サービス」に対応していません。

SAPICAエリアで全国共通交通系ICカード(Kitaca、Suica、ICOCAなど)は使えますが、SAPICAを利用してKitacaやSuicaエリアなどの電車やバスは乗れません。
またKitaca電子マネーが利用できる店舗でも、SAPICA電子マネーは使えないので、ショッピングの時は気を付けて下さい。

カードの種類

SAPICA(サピカ)は「無記名SAPICA」、「記名SAPICA」、「SAPICA定期券」「クレジットカード一体型SAPICA」の4種類あります。

どのカードもポイント(後述)は貯まるので、用途に合わせて選んでみて下さい。
購入場所は、地下鉄の券売機や定期券発売所、バスターミナルの窓口など。
全てチャージ(入金)の上限金額は2,000円です。

無記名SAPICA
誰でも利用できるサピカです。1枚2,000円で、デポジット代(保証金)500円を含みます。
無記名なので紛失した場合、再発行はできません。
駅の券売機やバスの窓口などで、記名SAPICAやSAPICA定期券に書き換えることも可能です。

記名SAPICA
氏名や電話番号などを登録して利用するSAPICAです。使用者は登録した1人に限られています。
大人用と小学生までのこども用の2種類あります。
再発行は可能で、手数料500円、新規SAPICAのデポジット代500円がかかります。

SAPICA定期券
記名SAPICAに定期券機能を付けたカードです。大人用と小学生までのこども用の2種類があります。再発行も可能。
2013年までは定期券は地下鉄だけで利用可能ですが、2014年2月から市電やバスでも使えるようになります。

クレジットカード一体型SAPICA
北洋銀行では、クレジットカード一体型SAPICA「clover SAPICA」を発行しています。
SAPICAエリアの乗車券や定期券として利用できる他にも、オートチャージでクレジット払いポイントが貯まったりと、様々にメリットが多いカードです。一年目の年会費は無料、北洋銀行のATM時間外手数料が無料など、北洋銀行に口座を持っている人にはおすすめです。

オートチャージ機能も使える

SAPICAは駅の改札機や、バス・市電のカード読み取り機にタッチした時に、自動的にチャージ(入金)される「オートチャージ機能」が搭載されています。
記名SAPICA、SAPICA定期券で利用できる他にも、クレジットカード一体型SAPICAでは最初からオートチャージ機能があるカードもあります。

初期設定では残金が1,000円以下になると1,000円が自動的にチャージされます。
金額の変更は、駅やバス営業所の窓口などで可能です。ただし1日3,000円まで、1ヶ月30,000円以上はオートチャージできません。設定金額は他の交通系ICカードよりも低めになっています。

チャージ金額はクレジットカード払いになるので、クレジットカードの登録が必要です。
オートチャージサービスの申込は、駅などに設置されている「オートチャージサービス申込書」で手続きを行ないます。クレカの性質上、高校生や18歳未満の人は利用できません。

利用ごとにポイントが貯まる

地下鉄やバス、市電でSAPICAを使って支払うと、運賃の10%がSAPICAポイントとして貯まります。例えば280円の運賃ならば28ポイント、という風に。
普通の乗車以外に、切符の購入、乗越精算でもポイントが貯まります。ただし定期券区間内の乗車降車では、ポイントは付きません。

また札幌にあるセイコーマートでは、200円ごとに1ポイント貯まります。
それ以外はSAPICA電子マネーの対象店舗でも、ポイントは一切付きません。

貯まったポイントは1ポイント=1円で、運賃として使われます。
ポイントが運賃以上になると、自動的にポイントが利用されます。電子マネーとしては使えません。

SAPICAとKitacaはどちらが便利?

札幌で使える交通系ICカードはSAPICAの他に、JR北海道が発行するKitaca(キタカ)もあります。

KitacaはSAPICAエリアの地下鉄、バス、市電も利用できますが、SAPICAポイントは貯まりません。一方のSAPICAは、Kitacaエリアだけでなく、SuicaICOCAなどのエリアでは利用できません。

  • 札幌で地下鉄やバス、市電を多く利用する人ならSAPICA。
  • 全国各地を移動する時に、カード1枚で済ませたい人はKitaca。

と言うように、用途に合わせて2枚のカードを使い分けるのが一番便利ではないでしょうか。

こちらの記事もおすすめです

カテゴリ:交通系ICカード一覧