manaca

manaca

manaca(マナカ)は㈱名古屋交通開発機構と、㈱エムアイシーが発行する交通系ICカードです。愛知県名古屋を中心とした、ほぼ全ての私鉄がmanacaカード1枚で利用できます。

manacaの利用エリア

鉄道→名古屋市交通局(地下鉄)、名古屋鉄道、名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)、豊橋鉄道
バス→名古屋市交通局(市バス)、名鉄バス(高速バス、コミュニティバス)、名古屋ガイドウェイバス(ゆとりーとライン)

地下鉄⇔市バス乗り継ぎで割引

マナカでは名古屋市交通局の市バスと市バス、市バスと地下鉄など、2つの交通機関を90分以内に乗り継いだ場合、乗車料金が割引になります。
2回目の乗車で大人用は80円、子ども用が40円割引と、現金で切符を買って乗り継ぐよりも断然お得です。

manacaでマイレージが貯まる

マナカの一番の特徴は「マイレージポイントが貯まる」こと。
電車やバスを利用するごとにポイントが貯まるという、他の交通系ICカードにはない独自のマイレージがあります。マイレージポイントは、㈱名古屋交通開発機構と、㈱エムアイシーが発行するmanacaの両方で貯まります。

貯まったポイントはmanacaの取り扱い窓口や、券売機、チャージ機で還元して、電車やバスを利用する時に使えます。利用する交通機関や、利用金額、利用回数によって貯まるポイントが異なります。

定期券を利用せずに、名古屋で毎月2,000円以上電車やバスを使うなら、ポイントが貯まるmanacaの利用はメリットが大きいです。

関連リンクから、各交通機関のポイント率が確認できます。
名鉄manaca「manacaマイレージポイントのため方」
名古屋市交通局「マナカマイレージポイントとは」

ポイントが名鉄たまルンでも貯まる

manacaには「名鉄たまルン」という独自のポイントサービスがあります。

「名鉄たまルン」加盟店で、名古屋鉄道などで購入した㈱エムアイシー発行の記名式manacaを使って買い物をするとポイントが貯まります。名鉄たまルン加盟店は、百貨店やスーパー、コンビニ、書店、ビックカメラなど様々で、他にもコインロッカーでも利用できます。

200円ごとに1ポイント貯まり、1,000ポイントでチャージ券との交換申請ができます。
貯まったポイントは、Webからチャージ券を申請して、郵送されたチャージ券を使ってmanacaにチャージすると、そのポイント分が電車やバス、買い物で使えます。

名鉄たまルン

しかしながら、デメリットもあります。

20,000円までしかチャージできないので、高額な商品が買いにくい。
ポイント有効期限はポイントが貯まった日から翌年の3月末日と、期間が1年未満と短い。
ポイント還元の条件が1,000ポイント(20万円の買い物で1,000ポイント貯まる計算)と、ポイントを貯めるのが厳しい。

ボーナスポイントキャンペーンを実施中の時を狙って買い物をすると、比較的ポイントが貯まりやすいです。

また交通系ICカードの電子マネーで「ポイントが貯まる」ものは少ないので、他にEdyなどの電子マネーを持っていないならポイントが貯まるmanacaを使うのもアリかと思います。

発行会社で何が違う?

manacaは㈱名古屋交通開発機構と、㈱エムアイシーの2社が発行しています。

  • ㈱名古屋交通開発機構......名古屋市交通局、名古屋臨海高速鉄道、名古屋ガイドウェイバス。
  • ㈱エムアイシー......名古屋鉄道、名鉄バス、豊橋鉄道。

というように、私鉄によってmanacaの発行会社が異なります。

㈱名古屋交通開発機構のマナカには、名古屋市交通局、名古屋臨海高速鉄道で利用できる障害を持つ人を対象とした「割引manaca」があること。㈱エムアイシーの発行のmanacaは、名鉄たまルン」というポイントサービスがあることが最も大きな違いです。

それぞれ電車やバスの利用、定期券の利用、乗り継ぎの割引、電子マネーを使った買い物は、同じようにできます。

manacaの電子マネーを使った買い物をどれだけするかで、どの会社のmanacaを選ぶのが良いか考えてみる必要もありそうです。

こちらの記事もおすすめです

カテゴリ:交通系ICカード一覧