Kitaca

Kitaca(キタカ)

Kitaca(キタカ)は、JR北海道が発行している交通系ICカードです。
2008年10月から利用がスタートしました。

札幌周辺の路線や、電子マネーKitaca対応のお店で使えます。

利用可能エリア

KitacaはJR北海道の札幌を中心とした55駅で利用できます。

  • 函館本線(小樽駅~ 岩見沢駅)
  • 千歳線(白石駅~沼ノ端駅)、(南千歳駅~新千歳空港駅)
  • 室蘭本線(沼ノ端駅~苫小牧駅)
  • 札沼線・学園都市線(桑園駅~北海道医療大学)

SAPICA(サピカ)エリアでも使える

札幌周辺の地下鉄、バスで使えるSAPICA(サピカ)の対応エリアでも、Kitacaが利用できます。ただしSAPICAを使って、Kitacaエリアでの利用はできません。

まだSAPICA電子マネーだけが利用可能なお店では、Kitaca電子マネーは使えないので注意が必要です。

Kitacaカードの種類

Kitacaは、大きく分けて「無記名Kitaca」、「記名Kitaca」、「Kitaca定期券」の3種類があります。

チャージ(入金)の上限金額は20,000円です。

無記名Kitaca

誰でも使えるキタカです。Kitacaカードの中では唯一Kitaca対応券売機で購入できます
1枚2,000円。デポジット代(保証金)500円分が含まれます。

無記名なので、再発行はできません。
記名KitacaやKitaca定期券への書き換え(リライト)は可能ですが、記念Kitacaの無記名Kitacaは仕様が異なるのでできません。

記名式Kitaca

利用者の氏名が書かれたキタカです。大人用と小児用の2種類あります。
みどりの窓口だけで購入ができます。1枚2,000円(デポジット代含む)。

紛失した場合は再発行が可能で、近くのKitacaエリアの駅で手続きを行ないます。
再発行には手数料500円と、新規キタカのデポジット代500円の合計1,000円が必要です。

Kitaca定期券

記名Kitacaに定期券機能が付いたキタカです。大人用と小児用の2種類あります。
購入はみどりの窓口のみ可能です。支払いは現金以外にもクレジットカーやツインクル旅行券での支払いOK。

新規購入の時はデポジット代500円が必要なので、お金不足に注意して下さい。
継続して購入する時は「Kitaca対応継続定期券券売機」が利用できます。
記名式Kitacaと同じく、再発行が可能です。

定期券の有効期間は1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月の3種類。
ただし磁気の通学定期券にある2ヶ月、4ヶ月はKitaca定期券の取り扱いがないので、その期間の定期を買う時は、磁気定期券になります。

またKitaca定期券では特急定期券「かよエール」、 鉄道とJR北海道バスとの連絡定期券、2駅併用定期券の取り扱いはありません。

クレジットカード一体型Kitaca

Kitacaにはクレジットカード機能が付いたカードもあります。
クレジットカードでチャージが可能なのは、クレジットカード一体型Kitacaだけ。
券売機でのチャージはできず、みどりの窓口で取り扱っています。

クレジットカード一体型Kitacaを購入する時は、JR北海道の駅窓口では取り扱いがないので、それぞれ入会手続きをする必要があります。

JRタワースクエアカードKitaca
JR札幌駅にあるJRタワースクエア(札幌ステラプレイス、パセオ、札幌エスタ、アピア)での利用でポイントが付くKitaca付きクレジットカードです。対象のショップで割引サービスがあったり、映画のチケットが300円OFFになったりと、様々な特典やサービスが受けられます。

カードは「JRタワースクエアカードKitaca」と、ANAのマイルも貯まる「JRタワースクエアカードKitaca ANA」の2種類があります。ブランドはVISA、MasterCard、JCBから選べます。

イオンカードKitaca
イオンでの買い物がお得になるクレジットカード機能付きキタカです。
毎月20、30日は5%OFF、毎月5、15,25日のお客さまわくわくデーでときめきポイント2倍など日々の買い物で利用できます。ブランドはVISAの一種類のみ。

道銀カードKitaca
道銀(北海道銀行)が発行するキタカです。
「道銀キャッシュ・クレジットカード Kitaca」と「道銀VISAカード Kitaca」があります。
キャッシュカードが提携のコンビニのATMが24時間無料で利用できたり、Kitacaの電子マネーがクレジットカード引き落としで使えたりとメリットが多いカードです。

clover Kitaca
北洋銀行が発行するキタカです。
1年目の年会費が無料、北洋銀行ATMの時間外使用手数料が0円など、様々な特典が利用できます。ブランドはVISAとJCBの2種類です。

こちらの記事もおすすめです

カテゴリ:交通系ICカード一覧