ICOCA

ICOCA(イコカ)

ICOCA(イコカ)はJR西日本が発行する交通系ICカードです。
JR西日本以外でも、一部の近畿日本鉄道(近鉄)、京阪電気鉄道(京阪)、JR四国の路線で利用できます。
マスコットキャラクターは「カモノハシのイコちゃん」で、関西弁を話す(桂小枝が声を担当)キャラクターです。

広範囲なICOCAの利用エリア

ICOCAの利用エリアは、近畿圏以外にも中国地方や四国など広範囲です。
JR西日本以外にも京阪や近鉄でも利用可能。関西私鉄で使えるPiTaPa(ピタパ)エリアとの相互利用もできるので、ICOCA一枚あれば関西の交通で不自由することはありません。

毎回切符を買う必要がなく、タッチ一回で改札機を通れるのは、かなりストレスフリーです。

JR西日本

JR西日本は「近畿圏エリア」と「岡山・福山エリア」、「広島エリア」、「四国エリア」で利用できます。

ICOCAの利用エリア

それぞれのエリアをまたがって利用はできません。
四国エリアは「本四備讃線(瀬戸大橋線)の児島駅~宇多津駅」と、「予讃線の高松駅~坂出駅~宇多津駅」で利用できます。ただしJR四国ではICOCAやICOCA定期券の取り扱いはありません。

京阪(京阪電気鉄道)

京阪は京阪線(本線・中之島線・鴨東線・交野線・宇治線)で利用できます。
ICOCAやICOCA定期券、ICOCA連絡定期券も購入できます。

近鉄(近畿日本鉄道)

近鉄は「志摩線、内部線、八王子線、生駒鋼索線、西信貴鋼索線」以外の全線でICOCAを利用できます。

阪急でICOCAは使える?

阪急電鉄はPiTaPaエリアなので、ICOCAエリアではありません。
しかしながら、交通系ICカード全国相互利用が開始されたので、阪急でもICOCAが利用できるようになりました。阪急の駅の券売機、精算機でもICOCAのチャージが可能です。

関連ページ
阪急・近鉄でICOCA(イコカ)をお得に使う方法

カードの種類と購入方法

ICOCAの種類

ICOCAには5つの種類があります。

ICOCAエリアのみどりの窓口や、自動券売機などで購入できます。
JR西日本以外にも京阪や近鉄でも販売されています。

無記名「ICOCA」

無記名ICOCAは、誰でも利用できるイコカです。
1枚2,000円で、500円のデポジット代(保証金)が含まれています。

ICOCAには定期券以外、大人用の記名式カードがありません。
無記名なので、再発行はできないので、取り扱いには注意が必要です。

こどもICOCA

こどもICOCA

こどもICOCAは、小学生までのこどもが使える記名式のICOCAです。
1枚2000円。購入の時には利用者本人の公的証明書(保険証など)が必要ですが、親など本人以外でも申込みができます。

黄色でカモノハシのイコちゃんが入っているカードの取り扱いはJR西日本だけ。
それ以外は青色で「小」と書かれているカードになります。

ICOCA定期券

ICOCA定期券は大人用と子ども用、SMART ICOCAの3種類あります。
みどりの窓口やみどりの券売機で新しく購入できる他にも、無記名ICOCAやこどもICOCAに定期券機能を付けることもできます。

磁気定期券から切り替えることも可能(有効期間内でもOK)で、ICOCAのデポジット代(現金500円)が必要です。
ただし一部の連絡定期券や新幹線用の定期券は、ICOCA定期券へ交換できません。

こどもICOCAとICOCA定期券は、紛失した場合、再発行が可能です。

関連ページ
ICOCA(イコカ)を紛失した時に行なうべき3つの対処法

SMART ICOCA

SMART ICOCA(スマートイコカ)は、ICOCA機能付きのクレジットカードのこと。
現金いらずでチャージが可能なのが一番の特徴です。

JRおでかけネットや、駅に設置されている「SMARTICOCA入会申込書」がら申込みできます。大阪駅の「Club J-WESTサービスコーナー」で手続きをすると即日発行してくれます。

近鉄のKIPS ICOCAならポイントが貯まる

KIPS ICOCA

KIPS ICOCA(キップス イコカ)は近鉄グループの「KIPSポイントサービス」の特典も受けられるICOCAです。定期券機能も付けられます。

クレジットカード機能なしで、小学生以上なら誰でも利用可能。
近鉄の定期券発売窓口で、1枚2,000円で購入できます。

近鉄の乗車200円ごとに1ポイント。
近鉄百貨店やレストラン、ホテルなどで利用すると100円または200円ごとに1ポイント貯まり、貯まったポイントはそのまま支払いに使えます。

ポイントの有効期限は、貯めた月日問わず翌々年の1月15日までと長いので、ポイントも貯まりやすく、使い勝手が良いです。

近鉄や近鉄グループのお店を良く利用する人は、普通のICOCAではなくKIPS ICOCAを使った方がお得です。

駐車場利用で優待サービス

JR西日本では「パーク&ICOCA」という駐車場優待サービスを実施しています。

駅前駐車場「タイムズ」に自動車を駐車して、ICOCAを使って電車に乗車。帰りに駐車料金の精算をする時にICOCAをかざすと、自動的に料金が割引されます。駐車料金は現金やクレジットカード以外にも、ICOCAで支払いもできます。

サービスを実施している駐車場は、大阪、京都、滋賀、兵庫、奈良、岡山の駅前にある「タイムズ」です。まだ一部の駅に限られていますが、今後利用できる所は増えていく見込みです。

ICOCAでカーシェアリングも

レール&カーシェア

JR西日本、JR西日本レンタカー&リース、タイムズ24の3社が共同で行なっているカーシェアリングサービス「レール&カーシェア」

その「レール&カーシェア」の、自動車の貸出・返却の個人認証にICOCAが使えます。
今まではタイムズカープラスの会員カードが必要でしたが、2013年8月からICOCAも会員カードとして使えるようになりました。

タイムズカープラスに会員登録後、大阪、京都、兵庫、奈良の主要駅の駅前にあるレール&カーシェアステーションで登録・利用ができます。「パーク&ICOCA」のように、利用料金をICOCAで支払いはできません。

ICOCA一枚で、カーシェアと電車の乗車が済むというメリットがあります。


関連ページ
全国でPiTaPaは使いにくい!ICOCAとの比較で分かった5つの違い

こちらの記事もおすすめです

カテゴリ:交通系ICカード一覧