PASMO一体型!東京メトロTo Me Card Primeを選ぶ3つの理由

交通系ICカードと言えば、2013年から利用できるエリアが拡大になったことで注目を集めている「PASMO」を思い浮かべる人は多いでしょう。

その「PASMO」にクレジットカード機能が搭載されることでより利便性が高まり、お得感が増したカードが次々に発売されています。

今回ご紹介するのは東京メトロとクレジットカードが提携して発売した「To Me Card Prime PASMO」。

毎日東京メトロを利用する人にとっては、これ以上にお得なカードはありません。

東京メトロTo Me Card Prime PASMOを選ぶ理由

「To Me Card Prime PASMO」が選ばれる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。
その特徴をまとめてみました。

ポイントが貯まりやすい

「To Me Card Prime PASMO」の最大の魅力は、乗車ポイントが大きいという点です。

メトロに乗車するたびにポイントが貯まり、そのポイント数は1乗車につき10ポイント、さらに土日だと20ポイントとなっています。

一般の「To Me Card」の乗車ポイントが平日で2ポイント、土日で6ポイントですから、その違いの大きさはお分かりいただけるでしょう。

通勤で東京メトロをほぼ毎日利用している人なら、これほどポイントが貯まりやすいカードは他にありません。

さらに一般カードと違って提携の店舗や自動販売機で買い物した際にもポイントが貯まります。

店舗での利用では200円で1ポイント、自動販売機だと100円で1ポイント貯まりますので、こちらも合わせるとかなり効率的にポイントを貯めていくことが出来るはずです。

ポイントの使い道が多い

「To Me Card Prime PASMO」は東京メトロとカード会社が提携して発行するクレジットカードなので、「メトロポイント」と「カード会社のポイント」の2種類が貯まることになります。

メトロポイントはPASMOへのチャージはもちろん、楽天スーパーポイントやnanaco、ANAマイルに交換することが可能です。

カード会社のポイントは提携するクレジットカード会社によって異なりますが、いずれもメトロポイントに交換することが可能なので、ポイントの使い道に困ることはまずないでしょう。

50万円以上利用で翌年度の年会費無料

「To Me Card Prime PASMO」は年会費が2000円+税かかりますが、年間50万円以上の利用で翌年度の年会費が無料になります。

通勤や通学でほぼ毎日東京メトロを利用している人なら、まず確実に年間50万円以上は利用することになりますから、十分に年会費分の元は取れる、と考えて間違えないでしょう。

年会費が無料になれば、一般のカードに比べて格段にメリットが大きくなるのは言うまでもありません。

最後に

「To Me Card Prime PASMO」は東京メトロを利用すれば利用するほどお得なカードです。

その代わり、東京メトロをあまり利用しない人にとっては持っていても意味のないカードなので、自分がこのカードを持つことで本当に得をすることになるのか、よく考えてから申し込みをしてください。

カテゴリ:交通系ICカードの便利な活用法