モバイルSuicaをお得に使う!ビューカードが選ばれる3つの理由

JR東日本が発行する交通系ICカードである「Suica」ですが、電車やバスに乗る時の乗車券代わりに利用している人はもちろんのこと、最近は電子マネーとして利用している人も増えてきているようです。

駅構内の店舗だけでなく、ローソンやファミリーマート、スリーエフなどのコンビニでも利用可能なので、その優れた利便性には注目が集まってきます。

その「Suica」には携帯電話内で動作できる「モバイルSuica」というサービスも用意されており、これを使えばクレジットカードを通じて自宅からでもチャージが可能になります。

そして「モバイルSuica」のチャージに使えるクレジットカードとして注目を集めているのが、「ビューカード」なのです。

ビューカードの魅力

なぜ、ビューカードはモバイルSuicaに相応しいクレジットカードと言えるのでしょうか。
その3つの魅力をまとめてみました。

モバイルSuicaの年会費が無料に

モバイルSuicaは大変便利です。

登録しておけば携帯端末を改札機にタッチするだけで、電車やバスに乗車することが出来ますし、加盟店でお買い物するときも携帯端末さえあれば大丈夫です。

列に並ぶことなく、いつでもどこでも定期券を購入することが出来ますし、万が一携帯端末を紛失した場合でも再発行が可能なので安心です。

ビューカードで登録すると、そんな便利で安心のモバイルSuicaの年会費1000円が、当面の間無料になるというメリットがあります。

ビューカード以外のクレジットカードだと年会費がかかるようになるので、これはお得感満載ですよね。

ポイント還元率が高い

ビューカード会員に登録しておけば、特別な手続きは一切必要なく、モバイルSuicaのお得なサービスを受けることが出来ます。

例えばビューカードを使って定期券を購入するだけでポイントが3倍付与されますし、対象商品を購入したり利用したりすると、1000円につき6ポイントが貯まります。

ポイントを貯めたいと考えているなら、絶対にビューカードがおすすめ、というわけです。

チャージの手間が省ける

ビューカードでモバイルSuicaに登録しておくと、自動改札にタッチした際にチャージ残金が少なくなっていると、自動的にクレジット決済で追加チャージされる仕組みになっています。

あらかじめ残りいくらになったらいくらチャージするか設定する必要はありますが、「残り少なくなってきたのでチャージしなければ」と焦る必要もありませんし、長蛇の列に並んでチャージする手間も省くことが出来ます。

まさに忙しい1日をサポートしてくれる1枚になるのではないでしょうか。

最後に

モバイルSuicaを利用するなら、ビューカードを使うのが一番おすすめ、という理由がお分かりいただけましたでしょうか。

ビューカードと「Suica定期券」の機能がひとつになったさらに便利なカードもありますので、ぜひチェックしてみてください。

カテゴリ:交通系ICカードの便利な活用法