suicaの意外な活用法!? 定期やチャージ以外でこんな使い方が・・・

suicaはJR東日本が発行する電子マネーです。

乗車する際に改札機にタッチするだけで通過できるので、ICカードとして利用している人も多いのではないでしょうか。

交通系の電子マネーとして知名度の高い「PASMO」との相互利用が可能になってからは、さらに発行枚数が増加しています。

suicaは乗車券代わりに活用できるだけではありません。

その豊富な活用方法を知らなければ、損をしてしまいますよ。

suicaの意外な活用方法

suicaの活用方法にはどのようなものがあるのでしょうか。
今まで知らなかった意外な活用方法もまとめてご紹介します。

オートチャージできるクレジットカードを選ぶ

カードタイプのsuicaには、無記名の「suicaカード」、記名式の「my suica」、「suica定期券」、「suica付きビューカード」があります。

そのうち、無記名のsuicaカード以外は、クレジットカードでチャージすることが可能です。

さらに、suicaの残高が一定以下になると自動的にクレジットカードからチャージされる「オートチャージ機能」を搭載したクレジットカードを選ぶと、今までよりずっと便利にsuicaを利用することが出来ます。

「Suicaの残高が少なくなっていることに気付かず、改札機の前で足止めされてしまった」ということがなくなりますので、オートチャージ機能は絶対に活用すべきでしょう。

モバイルsuicaを活用する

「クレジットカードを持ち歩きたくない」という人におすすめなのが、「モバイルsuica」です。

自分の持っている携帯電話をそのままsuicaカードと同じように使うことが出来るので、大変便利です。

クレジットカードを登録しておけば、いつでもどこでもチャージ可能。
オートチャージ機能も搭載しています。

もちろんモバイルsuicaにチャージした電子マネーでお買い物することも出来ますし、ネットショッピングの決済にも利用出来ます。

ビューカードと組み合わせて使う

すべてのsuicaのチャージに使えるクレジットカードは「ビューカード」だけですが、ビューカードの中でもチャージする際のsuicaへの還元率が高いカードを選ぶことが大切です。

おすすめなのが「ビュー・スイカカード」で、suicaへのチャージで還元率が1.5%となっています。

加盟店で利用した場合は「ビューサンクスポイント」が1000円につき2ポイント付与されることになります。

それともう一つおすすめしたいのが、「ビックカメラsuicaカード」。

suicaへの還元率は「ビュー・スイカカード」を大きく上回っており、ビックカメラでの買い物に使うことで「ビックポイント」がかなり貯まります。

suicaを使う際は、これらのビューカードと組み合わせれば賢く活用できる、というわけです。

最後に

suicaの賢い活用方法を知れば、今よりもっと便利でお得な生活を手に入れることが出来ます。

今回の記事を参考にして、suicaの魅力をさらに理解してもらいたいところです。

カテゴリ:交通系ICカードの便利な活用法