JR九州が発行するSUGOCA、購入場所はどこになりますか?

JR九州が発行する交通系ICカード「SUGOCA」。

  • 改札機をタッチするだけで電車に乗車できる
  • 定期券として利用できる
  • 新幹線に乗車できる
  • チャージしたお金でショッピングができる

など大変便利な「SUGOCA」ですが、昨年から交通系ICカードの全国相互利用サービスも始まり、ますますニーズが高まってきています。

そんな「SUGOCA」を購入するためにはいったいどうしたら良いのでしょうか。

SUGOCAの購入方法について

ここでは、SUGOCAの購入場所や購入方法についてご紹介します。

どんな種類があるの?

SUGOCAのカードを購入する際には、まずどのカードが必要なのかを考えることから始めましょう。

SUGOCAには使い方によって5つの種類があります。

自動改札機にタッチするだけで乗車区間の運賃を精算することが可能な「SUGOCA乗車券」、乗車券に機能に定期機能が追加された「SUGOCA定期券」、特急列車の自由席に乗車可能な「SUGOCA特急定期券」がありますので、どれを購入するかを決めてください。

「SUGOCA乗車券」にも「記名式」と「無記名式」がありますが、無記名式だと紛失した場合の再発行が出来ませんので、紛失の可能性があるという人は記名式の方がおすすめです。

どこで買えるの?

SUGOCAカードは種類によって購入できる場所が異なりますので注意してください。

まず誰でも利用できる「無記名乗車券」はみどりの窓口に行かなくても自動改札機で購入可能です。

「記名式乗車券」になると個人情報の登録が必要になりので、自動改札機では購入できません。
みどりの窓口で手続きを行い、購入してください。

「定期券」、「特急定期券」もみどりの窓口での購入になりますので、注意してください。

なお、小学生以下の子供が利用する「小児用乗車券」を購入するためには、本人のパスポートや健康保険証などが必要になりますので、用意を忘れないようにしましょう。

こちらは紛失時の再発行も可能です。


いくらで買えるの?

「SUGOCA乗車券」は記名、無記名ともに1枚2000円で購入できます。

そのうち500円はデポジットとして支払うことになり、1500円を運賃や電子マネーとして利用することが出来ます。

「定期券」、「特急定期券」を新しく購入する際には、定期運賃に加えてデポジットとして500円が追加されます。

クレジットカードでの購入も可能となっていますので、使えるカードかどうか確認してみてください。

「SUGOCA乗車券」を持っている人が「SUGOCA定期券」、「SUGOCA特急定期券」に変更する場合は、新たにデポジットが発生することはありません。

最後に

SUGOCAは大変便利な交通系ICカードですが、「どうやって買うのかよく分からない」、「自信がない」という人はみどりの窓口で相談してみるのが一番でしょう。

相談しながら購入すれば、間違えなく自分の欲しいカードを手に入れることが出来るはずです。

エリア外だと販売していない駅もありますので、事前に確認することを忘れないでください。

カテゴリ:交通系ICカードの便利な活用法