関西で使える交通系ICカード一覧!Suicaは使えるの?

鉄道やバス等の公共交通機関の乗車、自動券売機でのチャージ、ポイントを溜めてショッピング―――。

今や交通機関を日常的に利用する人にとって、交通系ICカードは必要不可欠なものになりました。

全国で一気に普及した交通系ICカードですが、これまでは利用できるエリアというものが決まっており、持てるカードも選択の余地がありませんでした。

しかし昨年の3月から全国10種類の主要交通系ICカードの相互利用サービスが開始となり、どれか1つのカードを持っていれば全国どこでも利用できるようになりました。

「PiTaPa」が主流だった関西地区でも、今は様々な交通系ICカードが使えるようになったわけですが、例えばどのようなものがあるのでしょうか。

関西で使える交通系ICカード

相互利用サービスが始まり、関西でも使えるようになった交通系ICカードをご紹介します。

Suica

JR東日本が提供する「Suica」はパスケースや財布の中に入れたままでも、改札機の読み取り部分にタッチするだけで電車に乗車することが可能です。

あらかじめ入金しておけば乗り越しても自動精算されますし、加盟店で買い物をすればポイントが溜まり、そのポイントで鉄道やバスに乗ったり、ショッピングを楽しむことが出来ます。

「Suica」はポイントの付与率が高めなので、これが関西でも利用できるようになったのは嬉しいニュースですよね。

PASMO

「PASMO」はチャージが簡単な上、チャージすることで繰り返し使えるのが特徴の交通系ICカードです。

名前を登録しておけば万が一紛失しても再発行が可能なので、安心して持ち歩くことが出来るのではないでしょうか。

京王沿線だけでなく、加盟店でのショッピングに電子マネーとして利用することも可能です。

TOICA

JR東海が提供するサービスである「TOICA」も、チャージを繰り返して1枚で使える交通系ICカードです。

新幹線でも利用できるので、面倒な乗り換えも今までよりずっと楽に感じるようになるはずですよ。

TOICAのマークがあるお店以外でも電子マネーとして利用できるようになったのは大変便利です。

ICOCA

JR西日本が提供する「ICOCA」は、これに対応する自動販売機やコインロッカーもあるということで全国的に注目を集めている交通系ICカードです。

電子マネーとして利用できる店舗も順次拡大しているので、チェックしてみると良いでしょう。

nimoca

JR西日本の子会社である株式会社ニモカが発行する交通系ICカードが「nimoca」です。

「スターnimoca」、「クレジットnimoca」、「JMBnimoca」など利用方法によって数種類のカードが用意されているので、どれが自分に必要なカードなのか調べてみてください。

最後に

これらの交通系ICカードが全国共通で利用できるようになり、特に出張が多いビジネスマンなどは大変便利に感じていると思います。

関西でも使えるカードが増えたわけですから、上手に利用してもっと便利さを実感してください。

カテゴリ:交通系ICカードの便利な活用法