iPhoneでSuicaを利用する2つの方法

モバイルSuicaには、おサイフケータイ対応のケータイかスマートフォンが必要です。

初代のiPhoneから最新機種まで、ICチップのFeliCaは一切内蔵されていないので、おサイフケータイは非対応になっています。

その為、iPhoneではモバイルSuicaが利用できません。

iPhoneでSuicaを利用する つの方法

それではiPhoneユーザーがSuicaを便利に使う方法はあるのでしょうか。

iPhoneでSuicaを利用する方法には「iPhoneカバーにSuicaを挟む」「iPhoneにSuicaの基板を取り付ける」の2パターンがあります。

iPhoneカバーにSuicaを挟む

一番手っ取り早いのが、iPhoneカバーとiPhoneの間にSuicaカードを挟む方法です。

ICカード収納対応ケースカバーとして、多く売られています。
普通のiPhoneカバーと比べて、交通系ICカードをはめ込む為のミゾがあり、カードが外れにくくなっています。

また電波遮断シート(ICカード読み取りエラー防止シート)付きで、iPhoneからの電波の影響を受けにくく、読み取りエラーを防止できます。

手に持っているiPhoneを改札機にかざすだけで、入場できるのは便利です。
ただしICカード収納対応ケースカバーは種類やカラーバリエーションが少なく、値段がやや割高なので、自分好みのケースがなかなか見つかりにくいかもしれません。

iPhoneにSuicaの基板を取り付ける

Suicaを溶剤で溶かしたり、カッターなどを使ったりして、基板だけをiPhoneやiPhoneカバーに取り付ける方法です。

基板だけだとかなり薄くなり、iPhoneに実装できたり、一般的なiPhoneケースにも取り付けられたりするのがメリット。

・iPhone
・電波遮断シート(ICカード読み取りエラー防止シート)
・Suicaの基板
・iPhoneカバー

という感じで、iPhoneの本体やカバーにSuicaを取り付けます。

ただし失敗が多く、Suica返却でのデポジット(保証金)はないとハードルがかなり高くなっています。

まとめ

iPhoneでSuicaを利用する為には、Suicaカードを使う以外の方法しか現在ありません。

iPhone5s、iPhone5cからSoftBank、auに次いでNTTドコモが参入しましたが、iPhoneにおサイフケータイ機能は対応していません。

今後しばらくは、iPhoneとSuicaは別々に持ち続けるしかなさそうです。

こちらの記事もおすすめです

カテゴリ:交通系ICカードの便利な活用法