自宅でも分かるICOCAの履歴を調べる3つの方法

ICOCA履歴確認

ICOCA(イコカ)やSMART ICOCA(スマートイコカ)を利用して、自分がいつ、どの駅の改札を通ったか知りたい時、履歴を調べる方法を3通り紹介します。

駅の自動券売機で確認・印字

駅が近くにあれば、一番手っ取り早い方法です。

駅の自動券売機にICOCAを入れて「履歴表示」ボタンを押すと、最近の20件まで見られます。
履歴は、利用年月日、時刻、入場駅・出場駅、チャージ残金などが載っています。

定期券区間内の履歴はありません。またSuicaエリアなど他エリアの駅は表示されないこともあります。

自動券売機の「履歴印字」で履歴を印刷することも可能です。
駅の改札口にいる駅員さんに頼めば、最大50件まで履歴の印字をしてくれます。
ただし50件以内でも、ICOCA利用から26週間以上過ぎた履歴は見られません。

SMART ICOCAはケータイやパソコンでもOK

駅に行かなくても、ケータイやスマートフォン、パソコンから確認できる方法です。

J-WESTネット会員サービスにログインすると、「SMART ICOCA履歴照会メニュー」で履歴が見られます。

しかしながら、この方法が使えるのはSMART ICOCAだけです。

FeliCaポートのPaSoRi(パソリ)を使う

PaSoRi(パソリ)

ICOCA、SMART ICOCA両方に使える方法です。

PaSoRi(パソリ)はソニーが製造・販売するICカードリーダー・ライターです。
USBでパソコンに繋ぎ、「SFCardViewer」というソフトを使って、FeliCa内蔵の交通系ICカードの利用履歴や残高の確認が可能です。
ただしWindowsのパソコンとPS3だけに対応していて、Macでは使えません。

またFeriCaポート内蔵のパソコン(ソニーのVAIO、東芝のdynabookなど)でも同じように見られます。

時間までは表示されませんが、利用年月日、定期券区間外の入場駅・出場駅、チャージ残金、チャージ金額が分かります。ただし見られるのは最近の20件までです。

PaSoRiの値段は1コ3,300円ほど。Amazonなどのネットショップ以外に、家電量販店のパソコン機器売り場で購入できます。

交通系ICカードの履歴を見る以外に、電子マネーEdyのチャージやネットショッピングの支払いにも利用できるので、PaSoRi一つあれば色々と便利に使えると思います。

こちらの記事もおすすめです

カテゴリ:交通系ICカードの便利な活用法