コンビニでもOK!ICOCAチャージができる場所リスト

自動改札機にタッチするだけで電車やバスに乗車できるだけでなく、電子マネーとして加盟店でのショッピングにも利用することが出来る交通系ICカード「ICOCA」。

あらかじめチャージさえしておけば、その金額内で自由に乗り物に乗ることが出来ますし、お買い物も可能です。

「残金が少なくなってくると残金不足が気になってくる」、「チャージするのが面倒」という声もあるようですが、ICOCAはコンビニエンスストアでも簡単にチャージすることが出来る、ということをご存知でしょうか?

相互利用関係にあるカードのエリア内でもチャージが可能になってきているので、意外と簡単に活用することが出来るということを覚えておいてほしいものです。

ICOCAチャージについて

ICOCAのチャージが出来る場所にはどのようなものがあるのか、どうやってチャージをするのか、簡単にまとめてみました。

ICOCAカードをチャージできる場所

ICOCAカードをチャージできる場所といってまず思い浮かぶのが、駅の構内だと思います。

確かにICOCAの残金が少なくなってきていることに気付く機会が多いのは駅にいる時でしょう。

ICOCAエリア内の駅の構内であれば、大抵は数多くのチャージできる機械が存在しています。

チャージ機だけでなく券売機やのりこし精算機でもチャージすることが出来るので駅構内で辺りを見渡してみれば必ずチャージできる機械を見つけることが出来るでしょう。

その他にも、ICOCA加盟店であるイオングループの店舗内や、ファミリーマート、ローソンといったコンビニエンスストアでもICOCAのチャージが可能です。

コンビニでチャージできるというのは、お手軽感があって非常に魅力的ですよね。

ICOCAのチャージ方法

駅構内に設置されている専用チャージ機や券売機でチャージする場合は、操作方法が表示されるのでそれに従ってチャージしてください。

1000円、2000円、3000円、5000円、10000円という一定金額を現金でチャージする形になります。

JR西日本の駅構内にあるチャージ機ですと、クレジット決済である「クイックチャージ」にも対応していますので、大変便利です。

自動精算機では1000円、2000円、3000円のチャージしか出来ませんので、それ以上の金額をチャージしたい場合は券売機や専用チャージ機を使うようにしてください。

それ以外の店舗などでチャージをしたいときは、レジでICOCAにチャージしたい旨を伝えてください。

店員の指示通りチャージしたい金額の現金を支払い、カードリーダーにICOCAをタッチすればチャージ完了です。

最後に

このようにICOCAのチャージが出来る場所は少し前に比べてもかなり増えてきていますが、クレジット決済であるクイックチャージが出来る場所はまだまだ限られていますので、注意が必要です。

チャージするための操作方法はとても簡単なので、一度試しにやってみると良いでしょう。

カテゴリ:交通系ICカードの便利な活用法