札幌で使えるSAPICAとKitacaの3つの違い

SAPICA(サピカ)Kitaca(キタカ)は、どちらも主に北海道の札幌を中心に使える交通系ICカードです。

以前はKitacaで、札幌市営の地下鉄やバス、路面電車は乗れませんでしたが、2013年6月22日からSAPICAエリアでのKitaca(を含む相互利用可能な交通系ICカード)の利用が始まりました。

それによってKitaca利用者は便利になりましたが、SAPICAとKitacaの使い分けをしたままの方が良いのでしょうか?SAPICAとKitacaの違いから、考えてみることにします。

利用可能エリア

●SAPICAエリア
SAPICAエリアは地下鉄や市電などは、札幌市内に限定されていますが、一部のバスは札幌市郊外も走っています。カバーしている範囲はKitacaエリアよりも広くて、細かいのが特徴です。

  • 札幌市営地下鉄(南北線、東西線、東豊線)
  • 北海道中央バス(札幌市内・近郊の路線、一部の高速バス)
  • ジェイ・アール北海道バス(札幌市内・札幌市を含む近郊路線)
  • じょうてつバス
  • 札幌市電

●Kitacaエリア
KitacaはJR北海道の札幌・小樽・石狩・岩見沢・新千歳空港・苫小牧までの55駅で利用できます。

  • 函館本線(小樽駅~ 岩見沢駅)
  • 千歳線(白石駅~沼ノ端駅)、(南千歳駅~新千歳空港駅)
  • 室蘭本線(沼ノ端駅~苫小牧駅)
  • 札沼線・学園都市線(桑園駅~北海道医療大学)

KitacaはSAPICAエリア、全国でも利用可能

Kitacaは相互利用可能な交通系ICカードの一枚なので、SAPICAエリアや北海道以外にも、東京、東海地方、関西、九州などでも利用できます。

またSAPICAエリアの駅やバス、路面電車でKitacaのチャージができたり、SAPICAと同じく地下鉄と路面電車、バスの乗継割引も使えます。

「北海道以外でも、交通系ICカードを使いたい」と思っているなら、Kitaca1枚でOKです。

ポイント制度

SAPICAには独自のポイント制度があります。
地下鉄やバス、市電でSAPICAを使って支払うと、運賃の10%がSAPICAポイントとして自動的に貯まります。

SAPICA電子マネーを使って、切符の購入や乗越精算をしても、金額の10%がポイントに付きます。還元率は10%とかなり高いです。
またセイコーマートの買い物で、200円ごとに1ポイント貯まります(還元率0.5%)。

ポイントは1ポイント=1円換算。
運賃以上のポイントが貯まったら、自動的にポイントから運賃が支払われます。
例えば地下鉄1回の利用で240円支払った時、貯まるポイントは24ポイントです。
10回地下鉄に乗れば、1回無料になる訳です。

一方、Kitacaにはポイント制度がないので、地下鉄やバス、市電を利用する時はSAPICAの利用がお得です。

オートチャージ機能

Kitacaにはオートチャージ機能はありません。

SAPICAはクレジットカードを登録することで、オートチャージ機能が使えます。
使えるのは、記名SAPICAとSAPICA定期券(地下鉄のみ)の2種類です。
1枚のクレジットカードで、19歳以上の家族5人までが登録できます。

カード残金を気にせずに改札機が通れるのと、クレジットカードのポイントが貯まってお得なのがメリットです。

SAPICAとKitacaのメリット・デメリット

SAPICAのメリット・デメリット
○使える交通手段が多い。
○利用できるエリアが広範囲。
○ポイントが貯まる。
○オートチャージ機能あり。
×全国で使えない。
×SAPICA電子マネーを使える店が全体的に少ない。

Kitacaのメリット・デメリット
○全国で使える。
○Kitaca電子マネーを使える所が全国規模。
×ポイント制度がない。
×オートチャージ機能がない。

SAPICAとKitacaを比較すると、SAPICAは北海道の札幌周辺でかなり便利に使えますが、全国対応ではないので、別にKitacaなどの交通系ICカードを1枚持つ必要があります。
Kitacaは特典こそ少ないですが、全国で利用しやすいのがメリットです。

両方とも相互利用になるまでは、KitacaとSAPICAの2枚を持って使い分けるのが良いかもしれません。

ただし、KitacaとSAPICAを同じ定期入れやパスケースに入れてしまうと、SAPICAエリアの駅やバスのICカード読み取り機でエラーが発生してしまいます。

それを防ぐために、別々のケースに入れたり、同時読み取りを防ぐ「アイクレバー」のカードやパスケースを使ったりするなど、何らかの対策が必要です。

こちらの記事もおすすめです

カテゴリ:カード比較