どちらがお得?manacaとTOICAを徹底比較してみた

全国の交通系ICカードが相互利用になったことで、TOICA利用エリアの「JR東海」と、manacaの利用エリアの「豊橋鉄道、名古屋市交通局、名古屋鉄道株式会社、名古屋臨海高速鉄道」の連絡定期券が使えるようになりました。

2つ以上の交通機関をまたいで利用する時はmanacaかTOICAのどちらか一枚でOKになった訳です。TOICAとmanaca、1枚持つとしたら、どちらが便利でお得なのか比較してみました。

定期券以外で普通に乗車する時

TOICAとmanacaの定期利用に関しては、それぞれ金額や紛失した時の補償(再発行など)は同じなので、それ以外で比較してみます。

manacaには乗り継ぎ割引あり

manacaでは名古屋市交通局の市バスと市バス、市バスと地下鉄など、2つの交通機関を90分以内に乗り継いだ場合、乗車料金が割引になります。2回目の乗車で大人用は80円、子ども用が40円割引と、TOICAや現金で切符を買って乗り継ぐよりも断然お得です。

乗車ごとにポイントが貯まる

電車やバスを利用するごとにポイントが貯まるサービスが、manacaにはあります。

manacaマイレージポイントは、電車やバスの利用で貯まるポイントです。貯まったポイントはmanaca取り扱い窓口や、自動券売機、チャージ機で還元できて、そのまま電車やバスで利用できます。

利用金額と利用回数によって貯まるポイントが異なりますが、毎月2,000円以上電車やバスを利用するなら、ポイントが付きます。例えば名古屋市営地下鉄で月2,000円以上5,000円未満利用するなら、ポイント率は10%。昼間利用で20%という高ポイント率です。

ちなみにmanaca定期券を使っての定期券区間内の乗車では、manacaマイレージポイントは付きません。またポイントを使って乗車する時は、ポイントが貯まりません。

どちらにせよTOICAを利用したり、普通に現金で切符を買ったりするよりもmanacaを利用した方が、ポイントも付いてかなりお得で便利です。

manacaの電子マネーで更にポイントが貯まる

Manacaには名古屋市交通局が発行する「manaca」と、㈱エムアイシーが発行する「manaca」の2種類があります。㈱エムアイシーのmanacaには「名鉄たまルン」という独自のポイントサービスがあります。

名古屋鉄道・名鉄バス・豊橋鉄道などで購入できる記名式manacaのサービスの一つです。「名鉄たまルン」加盟店でmanacaを使って買い物をするとポイント(200円で1ポイント)が貯まります。

貯まったポイントは、Webからチャージ券を申請して、チャージ券からmanacaにチャージすると電車やバス、買い物で使えます。

再発行の有無

TOICAは無記名式の「TOICA」と、小児用「TOICA」、「TOICA定期券」の3種類あります。再発行できるのは記名された小児用「TOICA」と「TOICA定期券」だけです。TOICA定期券ではないTOICAを紛失した時は、再発行できません。

manacaは無記名式「manaca」と、記名式「manaca」、「manaca定期券」の3種類。そして再発行できるのは、記名式「manaca」、「manaca定期券」です。TOICAとの違いは大人でも使える「記名式」カードがあること。記名式だと本人しか利用できませんが、再発行の補償があります。「紛失した時」を考えるとmanacaの方が有利です。

結論:manacaがお得で便利

manacaがお得で便利な理由は3点です。

  • 乗り継ぎで割引サービスがある
  • manacaを利用ごとにポイントが貯まる
  • 定期券以外でも再発行が可能

TOICAが優れていた点は「利用エリアが広範囲なこと」でしたが、相互利用になってそのメリットが薄れたように思います。manacaを持つとしたら、名古屋鉄道などで購入できる㈱エムアイシー発行の「manaca」の方が、よりお得です。

こちらの記事もおすすめです

カテゴリ:カード比較