チャージでクレジットカードを使うとお得になる交通系ICカード比較

全国交通系ICカードの相互利用が可能になったことで、以前よりも自由にカードを選べるようになりました。

そこで交通系ICカードの中で「クレジットカードを利用してチャージ(入金)する時」に、どれが一番使いやすくてお得なのか比較してみました。新規購入や数を減らそうと考えている時に、参考にしてみて下さい。

特定のクレジットカードで可能

関東私鉄で利用できるPASMO(パスモ)は、バスタウンカードと交通系のクレジットカード(東急ポイントカードTOP&PASMO小田急ポイントカードなど)でチャージ可能。
ポイント付与率は0.5%と低めです。

JR東日本のSuica(スイカ)は、ポイント付与率が1.5%(1,000円ごとに6ポイント、15円相当)と高いのがメリットですが、チャージできるのがビューカード(JR東日本グループのクレジットカード)のみになっています。

JR九州のSUGOCA(スゴカ)はJQカード(JR九州グループのクレジットカード)と連携カードのみで、ポイント付与率は0.5%。JR東日本のビューカードの1/3です。

全てのクレジットカードに対応

モバイルSuicaは全てのクレジットカードでチャージ可能ですが、ビューカード以外だと年会費が1,000円必要になります。

ビューカードのポイント付与率は1.5%ですが、それ以外の付与率は、各クレジットカードによって異なります。

JR西日本のICOCA(イコカ)はモバイルSuicaのように、特定のクレジットカードを使うとポイント付与率が高くなる......というのはありません。付与率は利用したクレジットカードのよって異なります。

ICカードと一体型

関西私鉄で利用されるPiTaPa(ピタパ)には、「PiTaPa提携カード」と呼ばれるPiTaPaの機能以外にクレジットカードやポイントカード機能が付いたカードがあります。

そのPiTaPa提携カードのクレジットカードでチャージができます。
乗車回数や区間指定によって乗車運賃を割引してくれるサービスもあります。

nimoca(ニモカ)は、「クレジットnimoca」など提携クレジットカードでのチャージのみ可能です。ポイント付与率は0.3%と、最も低い値です。

チャージは現金のみ

交通系ICカードの中には「クレジットカード不可、チャージは現金のみ」の場合もあります。

ポイント付与率ランキング

1位.Suica・モバイルSuica(1.5%)
2位.ICOCA(0.75~2%)
3位.PASMO、SUGOCA(0.5%)
5位.nimoca(0.3%)

ポイント付与率で考えると断トツでSuicaとモバイルSuicaが1位です。
一ヶ月4,730円の定期を毎月カウトしたら、一ヶ月で60円相当のポイント貯まり、年間で720円もお得になります。

ICOCAは使うクレジットカードカードによって付与率が変動しますが、例えばリクルートの「リクルートカードプラス」なら2%なのでSuicaを抜く値です。

使い勝手ならICOCAが優秀

ICOCAは全てのクレジットカードに対応しているのが、一番のメリットです。

使えるクレジットカードに制限がないので、新たにクレジットカードを発行する必要もなく、手持ちカードでチャージできます。ポイント付与率(還元率)が高いクレジットカードを選べば、Suicaよりも貯まるポイントが多くなります。

ICOCAエリアは近畿圏と岡山・広島と広範囲で使えるので、関西圏や岡山・広島に住んでいる人は、利用しても損はないと思います。

こちらの記事もおすすめです

カテゴリ:カード比較